菊花賞で穴馬を狙い万馬券を当てる方法

菊花賞が行われる京都競馬場芝3000メートルは、ほとんどの出走馬にとって未知の距離です。

このため、どれだけ能力が高く実績がある馬だとしても、京都競馬場芝3000メートルに対する適正がなければ、凡走する可能性は高いといえます。

逆に、これまで3000メートル以下の距離であまり実績を残すことができなかったステイヤータイプの馬にとっては、能力を発揮する絶好のチャンスといえます。

また、過去の結果を見ると、皐月賞やダービーに比べ穴馬が台頭していることからも、菊花賞穴馬狙いをするレースとして適していることを裏付けています。

今回は、菊花賞の穴馬に共通する3つの傾向をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336280

ダービーや皐月賞に未出走の馬を狙う

菊花賞で穴馬になるためには、実績面で見劣る必要があります。

つまり、皐月賞やダービーなど春のクラシック戦線で活躍していない馬にこそ、菊花賞の穴馬になる資格があるのです。

人気薄で菊花賞の馬券対象となった馬の多くが、春のクラシック戦線では、未勝利戦や500万条件で競馬していた格下馬です。

しかし、夏の北海道競馬をはじめ、新潟、小倉などのローカル開催での経験を経て、メキメキと実力をつけてきたのです。

夏競馬で実力をつけてきた格下馬たちは、重賞などで好走していない分、実績面ではクラシック出走馬に見劣ることが事実です。

そして、競馬予想する競馬ファンも、名も無い条件戦を勝ち上がってきた上がり馬よりも、格のある重賞レースで好走した馬を能力的に上とみるのは当然のことです。

しかし、菊花賞においては、春のクラシック戦線では活躍せず、名も無い条件戦を勝ち上がってきた上がり馬が馬券対象になっているのです。

菊花賞で馬券対象になった穴馬その1

菊花賞で馬券対象になった穴馬その2

菊花賞で馬券対象になった穴馬その3

菊花賞の人気薄には、春の実績馬が調子を落とし人気を下げているケースと、夏の上がり馬が実績がないため人気を落としているケースがあります。

これまでの競争成績を参考に競馬予想する場合には、調子を落とした春の実績馬の復活を狙いたくなりますが、菊花賞においては、成長著しい夏の上がり馬を狙うべきだといえるでしょう。

菊花賞の前走に注目する

菊花賞で人気上位となる馬の多くが、前哨戦である神戸新聞杯で好走した馬です。

しかし、菊花賞で馬券対象となった穴馬の中には、神戸新聞杯で凡走した後、菊花賞で巻き返したケースがク少なくありません。

菊花賞で馬券対象になった穴馬その5

菊花賞で馬券対象になった穴馬その6

菊花賞で馬券対象になった穴馬その7

また、神戸新聞杯などのステップレースを使わず、1000万条件戦を勝ち上がった勢いそのままで、菊花賞で馬券対象になるケースもあります。

菊花賞で馬券対象になった穴馬その8

菊花賞で馬券対象になった穴馬その9

つまり、菊花賞で狙える穴馬は、前走神戸新聞杯で凡走し人気を落としているタイプか、前走1000万条件を勝ち上がり勢いのあるタイプだということです。

なお、前走神戸新聞杯で凡走し人気を落としているタイプを狙う場合には、菊花賞が行われる京都コースでの実績や適正の高さについても確認しておいた方がいいでしょう。

新馬戦未勝利の馬を狙う

菊花賞の穴馬で馬券対象になった馬の多くが、新馬戦で勝ち上がることができていません。

中には、6戦後、7戦後やっと未勝利戦を勝ち上がることができた、その後菊花賞で好走するとはとても思えないような競争成績を持つ馬もいます。

菊花賞で馬券対象になった穴馬その10

菊花賞で馬券対象になった穴馬その11

新馬戦で勝ち上がることができないことと菊花賞で馬券対象となることの関連性は、もしかしたらただの偶然かもしれませんが、過去のデータを見る限り、興味深い傾向といえます。

もしかしたら、長距離を走る上での必須条件といえる「折り合い」や「ズブさ」などとも何か関係があるのかもしれません。

菊花賞の穴馬の狙い目としては、デビュー前から注目され新馬戦を勝ち上がったタイプよりも、泥臭い未勝利戦の経験を重ね、何とか勝ち上がってきた大器晩成型を狙うのがポイントだといえるでしょう。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加