札幌記念で消したい人気馬と狙いたい穴馬の傾向とは

札幌記念は夏競馬の中で最も注目度が高いレースです。

そして、札幌記念は人気馬が馬券対象になることが多い、堅めの重賞です。

とはいえ、人気馬の中にも凡走する馬もいれば、穴馬の中にも馬券対象となる馬もいるのは当然のことです。

では、札幌記念では、どんな人気馬を「消し」にし、どんな穴馬を「買い」にすればよいのでしょう。

今回は、過去の札幌記念のデータを参考に、あなたの競馬予想に役立つ消したい人気馬と狙いたい穴馬をご紹介します。

スポンサーリンク
336280

ダービーで凡走した3歳牡馬は消し

札幌記念が行われる夏競馬では、これまで同性代の馬たちとしか競馬をしてこなかった3歳馬が、初めて古馬に混じっての競馬を経験する時期です。

そして、同じ競馬でも、3歳馬同士での競馬と古馬に混じって競馬するのとでは、ペースや位置取りの激しさなど、いろいろな面で環境が厳しくなるケースも多いといえます。

3歳馬の中には、環境の変化に難なく適応できるタイプももちろんいますが、中には適応し実力を発揮するまでに時間を必要とするタイプもいます。

また、札幌記念が行われる札幌競馬場では、洋芝適正や小回り適正など、これまで王道と呼ばれるクラシック路線を歩んできた実績馬でも、乗り越えなければならない課題が多い競馬場です。

つまり、札幌記念において「ダービー出走」というブランドは、あまり役にたたないんです。

札幌記念に出走し、凡走したダービー出走馬その1

札幌記念に出走し、凡走したダービー出走馬その2

札幌記念に出走し、凡走したダービー出走馬その3

ダービー出走組の中にも札幌記念で馬券対象になった馬がいるため、完璧な傾向とは言い切れませんが、リスクとリターンのバランスを考えた場合、危険な人気馬であることは否定できないでしょう。

前走、クイーンSや函館記念で凡走した穴馬は買い

札幌記念には、同じ洋芝で行われる重賞のクイーンSや函館記念を使うローテーションで出走してくるタイプもいます。

しかし、クイーンSは牝馬重賞、函館記念はG3ということもあり、札幌記念に出走する有力馬と比べると実績面で見劣り格下に見られたり軽視されがちです。

とはいえ、洋芝で行われるクイーンSや函館記念で凡走したにもかかわらず、洋芝で行われる札幌記念に続けて出走してくるということは、厩舎としても何らかの手ごたえや適正を感じている可能性が高いと判断することができます。

そして、前走洋芝、小回りコースのレースで凡走したにもかかわらず、続けて同じ条件のレースに出走してくるということは、前走の凡走を経験値とし洋芝、小回りコースという二つの適正を、巻き返す可能性も高いといえます。

つまり、前走、クイーンSや函館記念で凡走した人気薄の札幌記念出走馬は、激走の可能性を秘めた狙える穴馬なんです。

札幌記念に出走し、激走した函館記念出走馬その1

札幌記念に出走し、激走した函館記念出走馬その2

札幌記念に出走し、激走した函館記念出走馬その3

札幌記念に出走し、激走したクイーンS出走馬その1

札幌記念に出走し、激走したクイーンS出走馬その2

ただし、もともと札幌記念は堅めの決着が多い重賞です。

札幌記念で穴馬を狙う際には、少額投資で「当たればラッキー」くらいのスタンスで馬券を購入するのが、賢明な馬券の買い方といえるでしょう。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加