新潟記念で高配当を手にするための穴馬の傾向とは

荒れる重賞として知られている新潟記念ですが、新潟記念で万馬券を手にすることは簡単ではありません。

なぜならば、人気薄の穴馬を馬券対象としてピックアップするためには、過去のデータや傾向について、普通の競馬予想とは異なる視点で予想することが必要だからです。

では、人気薄の穴馬を馬券対象としてピックアップするためには、近走の成績ではない、どんな傾向に注目したろよいのでしょう。

今回は、過去の新潟記念のデータを基に、高配当を手にするための傾向について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
336280

夏に強い馬を狙え

人間と同じように、競走馬にも暑さに強いタイプと弱いタイプがいます。

競馬には「夏は牝馬」という格言があったり、「夏負け」と呼ばれる調子落ちのサインなどがありますが、一般的な競走馬が夏に調子を落とす可能性が高い分、暑さに強い競走馬は好走するチャンスが増大します。

新潟記念が行われるのは、8月下旬から9月上旬、まだまだ暑さが厳しく競走馬にとっては厳しい時期です。

しかし、そんな傾向は一般的な話で、夏に好走するタイプにとっては、絶好の稼ぎ時なんです。

暑い夏が稼ぎ時の新潟記念出走馬その1

暑い夏が稼ぎ時の新潟記念出走馬その2

新潟記念の出走馬の競争成績をチェックする時には、近走成績ではなく、去年や一昨年の夏の成績に注目してみましょう。

たとえ、近走成績で「買い」の要素が全く見当たらなくても、昨年夏の成績を見れば、穴馬として買いたくなる馬が見つかるはずです。

リピーターを狙え

夏に強い馬が新潟記念の穴馬になることをご紹介しましたが、新潟記念では、過去新潟記念で好走した馬が再び馬券対象となる、いわゆる「リピーター現象」が多く発生しています。

新潟記念で穴をあけたリピーターその1

新潟記念で穴をあけたリピーターその2

新潟記念で穴をあけたリピーターその3

このため、過去の新潟記念に出走し好走している馬がいたら、要注意が必要です。

新潟競馬場は、左回りの平坦コースでこの2つの条件を満たすJRAの競馬場は、他にはありません。

つまり、厩舎サイドが新潟競馬場のコース形態がベストだと判断したとすれば、新潟競馬場で行われる重賞である新潟記念に向け、万全の仕上げをしてくる可能性も必然的に高くなるんです。

新潟記念はハンデ重賞ということもあり、近走成績が冴えない馬でも、軽ハンデとコース適正を利用し一発逆転を狙うことは十分可能です。

新潟記念は実力が拮抗した馬が出走することが多い重賞なので、ちょっとした条件や適正の差がレース結果に大きな影響を与える重賞といえるでしょう。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加