なぜ、穴をあけた馬は、再び穴をあけるのか?

出走馬の過去の競走データを見ていると、いろいろと興味深い傾向に気がつくことがあります。

先日、レースが終わった後、穴をあけた馬の競争データを見直していたのですが、面白いことに以前馬券対象になった時も、今回と同じく人気薄で穴をあけていました。

なぜ穴をあけた馬は、また穴をあけるのか?この答えに対するヒントは今も昔も大きく変わることのない競馬予想スタイルにあるのです。
スポンサーリンク
336280

出走馬の人気と能力との関連性

まず、前提条件として考えなければいけないのが、人気薄だからといって必ずしも能力が劣っているとは限らないということです。

たとえば、芝からダートへコース替りとなった馬の場合がそうです。

もしかしたら素晴らしいダート適正があるにもかかわらず、未経験だという理由だけで人気薄になるのは珍しいことではありません。

また、中山ダート1200メートルでは好成績を残している馬が、近走東京ダート1400メートルのレースに連続して出走し大敗を重ね、再び中山ダート1200メートルに出走してきた場合においても近走の大敗が影響し、コース実績があるにもかかわらず人気薄になることがあります。

つまり、オッズというのは馬券を買う人間の考え方を反映したものであり、馬の適正や能力とは、あまり関係がないということです。

また、人気薄が穴をあけることは、言い換えれば馬券を買う人間の能力が劣っていると解釈することもできます。

その馬の能力や適正を馬券を買う人間が見抜くことができないから馬券が買われず、結果的に人気薄になるわけです。


時代は変わっても、競馬予想スタイルは変わらない

競馬予想スタイルは昔も今も大きくは変化していません。

馬名予想など一部の予想スタイルを除き、ほとんどの競馬予想では何らかの過去データを参考に、未来のレース結果を予測するスタイルです。

穴を開ける馬というのは、その法則に当てはまらない馬です。

つまり、過去データや傾向の盲点を突いて、馬券対象になる馬だということです。

また、競走馬の特徴も突然大きく変わるものではありません。

つまり、競馬予想スタイルも競争馬の特徴も変化しないからこそ、その傾向に当てはまらない馬は再び穴をあけることができるわけです。



こう考えると、穴馬を見つけるヒントはセオリーと考えられている競馬予想スタイルの外側にあると考えることができます。

つまり、セオリーどおりの競馬予想スタイルでは穴馬を見つけることは非常に困難だということです。

もし、あなたが穴馬を見つけることができなくて迷っているのであれば、あなたが使えると考えている価値観を捨て、あなたが無駄だと考えている価値観をインプットしてみるのも、セオリーと考えられている競馬予想スタイルの外側を見るキッカケになるはずです。


関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加