競馬で勝つには、どの馬券術が有効?



「競馬で勝つには、どの馬券術が有効なのか?」





誰でも、一度は考えてみたことがあると思います。



私も今までいろいろな馬券術を試してみましたが、

「これは完璧」というような馬券術に

巡りあったことは、残念ながらありません。



簡単に言ってしまえば、競馬で勝つための馬券術というのは、

試行錯誤の繰り返し、ただそれだけだということです。







こんなことをいうと、

もしかしたら、ガッカリする人がいるかもしれませんが、

これは紛れもない事実です。



なぜならば、

未来の事象である競馬の結果を完璧に予測することなど、

「神」にでもならない限り不可能だからです。







しかし、そうかといって、

巷にあふれている馬券術がまったく無意味だとは思いません。



儲かる馬券術というものも、中にはあると思います。



では、いったいどの馬券術を使えばいいのか、選べばいいのか?



その答えは、その馬券術がどれだけ儲かるかではなく、

その馬券術をどれだけ信じることができるかなのです。







多くの馬券術というのは、

過去のレース結果にもとづき、馬券の買い方を体系化したものです。



そして、その体系化した馬券の買い方は、

的中率が100パーセントであることは、まずありえません。



的中率が100パーセントでないということは、

つまり、馬券がハズれる可能性があるということです。



そして、その馬券がハズれる事象は、

何回、何十回と続くことも、可能性としてありうるわけです。









例えば、的中率20パーセント、回収率120パーセントの馬券術があったとします。



1回目のレースで馬券がハズれる可能性というのは1-0.2=0.8(80パーセント)です。



同じように、2レース連続でハズれる可能性は、0.8×0.8=0.64(64パーセント)、

3レース連続でハズれる可能性は、0.64×0.8=0.512(51.2パーセント)



    ・



    ・



    ・

  

    ・



    ・



10レース連続でハズれる可能性は、0.134×0.8=0.107(10.7パーセント)





つまり、的中率が20パーセントの馬券術の場合、

10レース連続でハズれる可能性は10パーセント以上あるということなんです。










もし、あなたが初めてこの馬券術を使ったとしたら、

10レース連続して馬券がハズれた時、冷静でいられるでしょうか?

まだ、この馬券術を信頼できるでしょうか?



そこで、ポイントとなるのが、この馬券術がどれだけ儲かるかではなく、

この馬券術をどれだけ信じることができるかということなんです。









どれだけ優れた馬券術だとしても、連続してハズれる可能性は

ある確率でハズれることを前提としている以上、ゼロにはなりません。




つまり、それだけ連続して馬券がハズれたとしても、

それは、可能性の範囲内でしかないわけです。



たとえハズれ続けたとしても、その馬券術を使い続けることができる。



それが、馬券術を使う上で非常に重要なことなのですが、

多くの人は、負け続けることに耐えることができず、

途中で投げ出してしまいがちです。









しかし、ここで考えていただきたいのです。



では、その馬券術というのは、

たとえハズれ続けたとしても、最終的に儲けることができるのかどうか?





その答えは、イエスでもあり、ノーでもあると思います。



なぜならば、繰り返しになりますが、

未来の事象である競馬の結果を完璧に予測することなど、

「神」にでもならない限り不可能だからです。



つまり、過去は儲けられたかもしれないが、

これからどうなるかは、誰にも分からない。



だから、たとえどれだけ儲ける馬券術だとしても、

どんな結果でも、受け入れる覚悟ができていなければ使うべきではないわけです。







私にとって、

そんな結果の分からない馬券術を使える使えないかの境界性は

儲かるか儲からないかではなく、その馬券術を信じられるか信じられないか、

ただそれだけです。



馬券術を信じるということは、その行為に自分の責任が伴います。



つまり、そこには自分の決断なり、リスクをとる覚悟があるわけです。



馬券術を考えたのは自分ではありませんが、

その馬券術を使うと決めたのは、自分自身の決断です。




つまり、その時点で、

その馬券術の結果は、すべてあなたの成果であり、損失でもあるわけです。



だから、どんな結果になっても、

その馬券術の考案者や販売者を責めることは

責任転嫁以外の何者でもありません。



このため、馬券術を選ぶということは、

非常に重要で慎重に行うべきだと思います。



くれぐれも、夢物語に踊らされることのないように注意してください。









では、もし、自分がどんな結果でも受け入れられるとしたら、

どのように馬券術を選んでいったらいいのでしょう。




これは、その人によって異なるものだと、私は思います。



私とあなたとは、個性や性格も異なるでしょうし、

得意なもの、苦手なものも違うはずです。



にもかかわらず、誰でも同じ馬券術で問題ないと考える方が、

異常な考え方だと、私は思います。







そう考えると、馬券術を探す上で、あるひとつのルールが見えてきます。



それは、「知らないことは圧倒的に損」だということです。



知らないということは、

どれだけ素晴らしい馬券術だとしても、存在しないことと同じです。



つまり、知らないということだけで、

あなたの選択肢は必然的に狭くなってしまうわけです。







そういう面において、インターネットは非常に有利です。



ひと昔前であれば、馬券術といえば、

本や雑誌で掲載されているものが一般的でした。



そして、その馬券術の内容も、

信憑性が薄く、再現性に乏しいものもありました。



しかし、限られた環境の中でしか馬券術に関する情報を

手に入れることができなかったため、

自分に合う馬券術はどれなのか、

選ぶことさえままならなかったわけなんです。







しかし、今では、使える使えないは別として、

いろいろな馬券術がインターネット上で公開されています。



つまり、ひと昔前では実現できなかった

自分の好きな馬券術、自分が信用できる馬券術を

探す環境が整い、チャンスが大きく広がったわけです。



となれば、

もし、あなたがどの馬券術を使ったらいいのか

迷っているのであれば、やるべきことはひとつです。



それは、いろいろな情報をインプットすることです。



そして、たくさんの情報の中から、

自分が信じられる馬券術を選ぶべきです。







繰り返しになりますが、

すべての人に適した馬券術は存在しません。



あなたには、あなたに適した馬券術、

私には、私に適した馬券術があります。



だからこそ、人の話を鵜呑みにするのではなく、

自分なりに、その情報を解釈するの能力が必要になってくるわけです。



情報を解釈する能力というのは、経験によって培われていきます。



つまり、インプットを重ねることによってのみ

磨かれていくということなんです。







いろいろな情報に触れてください。



そして、その時の感覚を忘れないでください。






それを繰り返していくことで、

あなたにピッタリの馬券術が見つかると、私は思います。



関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336280