競馬予想の本当の実力を見極める方法

競馬は強い馬が必ず勝つわけではありません。

だからこそ競馬予想は楽しく、いろいろな不確定要素に挑んでいくことこそが競馬予想の醍醐味でもあるわけですが、この考え方は予想が当たることと馬券が当たることについても同じことが言えます。

つまり、馬券が当たったからといって予想が正しいとは言い切れず、逆に馬券がハズレていたとしても予想としては正しい場合もあるということです。

今回は、予想と馬券的中の関連性についてご紹介します。

スポンサーリンク
336280

馬券が的中しただけでは、予想が正しいとはいえない

たとえば、予想の段階においてハイペースになると判断し、差し追い込み馬を中心に馬券を購入したとしましょう。

このようなケースでは、確かに馬券は的中していますが、予想としてはハズレています。

なぜならば、結果的に馬券は当たっていますが、その馬券を買った根拠であるハイペースだという予想は見事なまでにハズれているからです。

また、逆のケースとしては、自分の予想の根拠となる要素はすべて満たしたものの、着差が鼻差だったり、不利により充分なパフォーマンスができなかった場合などが考えられます。

このようなケースでは自分の予想が当たらなかった理由を考えるのではなく、運に恵まれなかったと考えるべきでしょう。

なぜならば、運も実力のうちかもしれませんが、イレギュラー的な要素まで含めて予想することは非常に困難だからです。

競馬予想の本当の価値とは?

「結果的に馬券が当たればそれでいいじゃないか」と考えたくなるかもしれませんが、偶然に期待するだけでは、継続して望む結果を得ることはできません。

偶然に期待し馬券を買い続けることは、宝くじを買うことと同じです。

そこにあるのは馬券が当たったという偶発的な事象だけで、馬券的中へのプロセスに価値を見出すことはできません。

馬券はあくまでも競馬予想に対する考え方を具現化したものに過ぎず、本当に価値があるのは馬券的中の根拠となる競馬予想に対する思考や判断力です。

つまり、競馬予想に対する思考や判断力となる根拠と、その根拠を具体的に表現した馬券の買い方が結びつくからこそ、競馬予想に価値が生まれるとともに競馬予想する意味があるのです。

なぜ馬券を的中することができたのかを説明することができ、その理由と結果に因果関係が認められるのであれば、その予想には価値があり評価すべきでしょう。

しかし、偶然馬券が的中したにもかかわらず、自分の予想力によって馬券が的中したかのように振舞っている人が多いのも事実です。

実績ある競馬予想を参考にする際には結果だけを鵜呑みにするのではなく、馬券的中実績が根拠のあるものなのか、それとも偶然によるものなのか見極めることが重要でしょう。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加