最近、私が儲けている馬券の買い方、教えます。

以前の記事で「単勝オッズ10倍未満の場合は単勝、10倍以上の場合は複勝」という馬券の買い方を実践していることをご紹介しました。

この馬券の買い方は、それなりに納得のいく成果をあげることができているのですが、その後も、何かいい方法をないものかと、いろいろと試行錯誤を重ねています。

今回は、先週末の競馬で、土曜、日曜通じて回収率100パーセントを超えることができた馬券の買い方をご紹介したいと思います。

少額でも実践可能な馬券の買い方なので、興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
336280

競馬で儲けるためには、買い目を絞る

あなたは、馬券が的中したにもかかわらず、結果的に損をしてしまった(=こういうケースをトリガミといいます)経験はありませんか?

的中率を重視している人であればまだしも、回収率重視であれば、この現象は絶対に避けたいものですね。

トリガミを防ぐ最も簡単な方法として浮かぶのは、買い目を絞ることです。

でも、やっぱり、予想をして、馬券を購入する瞬間になると、どうしても、買い目を絞ることをためらってしまいがちではありませんか。

せっかく軸馬は的中していたのに、ヒモを絞りすぎていたために、あと数点買い目を増やしていれば、手に入れられた好配当をみすみす逃してしまう。

こんな結果は、ぜったいに経験したくないですよね。

トリガミになる最大の理由

そもそも、なぜ、馬券の買い目を絞らなければトリガミになってしまうのでしょう。

この最大の理由は資金不足です。

具体例を出してイメージした方が分かりやすいので、これから、くわしくご説明します。

たとえば、あるレースの馬券を購入する資金として、あなたが使えるお金が1万円の場合と千円の場合をイメージしてみてください。

1万円の場合と千円の場合、あなたなら、トリガミにならないために、どんな馬券の買い方をするでしょうか。

購入資金が1万円の場合、千円の場合に比べ、選択肢はグッと広がります。

たとえば、勝負馬券は3連単のマルチで、押さえとしてワイド馬券といったように複数の券種を組み合わせることも可能でしょう。

また、軸馬がはっきりと決まっているのであれば、軸馬からの総流し馬券も押さえとして購入することも予算的には可能です。

つまり、予想の本線を購入することはもちろんですが、自分の予想とは多少異なった馬券も、押さえとして購入することができ、複数の券種を組み合わせることが可能なのです。

さらに、オッズによって券種や買い目を選択することができ、トリガミを防ぐことができるばかりか、思わぬ伏兵馬が馬券に絡んだ場合でも、押さえ馬券で取りこぼしを防ぐことも可能になります。

いっぽう、予算が千円の場合には、その選択肢は残念ながら非常に限られたものになります。

現在のルールでは、馬券は1点100円からと決まっています。

つまり、どれだけ工夫しても、買い目が10点以上に増えることはありえないんです。

買い目が10点ということは、まず、よほどの少頭数のレースを除いて、軸馬からの総流し馬券を購入することは不可能です。

また、仮に総流し馬券を購入することができたとしても、すべて100円馬券のため、トリガミになる可能性が非常に高いでしょう。

馬連や3連複のボックス馬券を購入する場合でも、その影響は深刻です。

10点では5頭しかボックス馬券として組み合わせることができないのですから、思わぬ伏兵馬というのは、どうしても馬券対象から外さざるを得なくなります。

その結果、馬券が的中してもトリガミ、最終的に馬券対象から外した伏兵馬が馬券に絡んで好配当を逃すというような悪循環となってしまうことも、現実的には少なくないわけです。

つまり、馬券を的中させるためには、予想の能力というのが非常に大切ですが、それ以上に資金力も大きく影響するということです。

そして、資金が多く選択肢の多い方が、馬券を的中させるためには圧倒的に有利だということです。

どんなに優れた予想をしていたとしても、馬券が当たらなければ、あなたは配当を手にすることはできません。

逆にいえば、予想が外れていたとしても、馬券さえ押さえていれば、あなたは配当を手にすることができるわけです。

トリガミを防ぐ簡単な方法

では、限られた予算の中で、トリガミを防ぐためには、いったいどうしたらいいのでしょう。

私がおすすめするのは、単勝、複勝の軸馬1点買いです。

単勝や複勝の馬券というと、オッズが低く軽視する方もいらっしゃるかもしれません。

でも、よく考えていただきたいのです。

基本的に競馬予想というのは、軸馬が馬券対象にならなければすべてハズレです。

よく縦目で悔しがっている人を見かけますが、縦目は馬券的には何の意味もありません。

そんな人に限って、次のレースはボックス買いをしてトリガミになり、さらに負債を増やしていきます(笑)

だから、基本中の基本として、馬券対象となる1頭をきちんと見極める力をつけることが非常に重要なわけです。

具体的な馬券の買い方ですが、軸となるのは複勝で、単勝はボーナスみたいな存在です。

例えば、予算が1000円だった場合、複勝800円、単勝200円のような組み合わせで馬券を購入します。

ここで、ポイントとなるのが、複勝が的中し、単勝が外れた場合でも、トリガミにならないように購入配分を調整しておくということです。

こうしておくことで、対象馬が3着以内に入れば、少なくともトリガミを防ぐことができるわけです。

さらに、もし対象馬が1着になれば、単勝の配当がボーナスとして加算され、さらに好配当を手に入れることができるわけです。

私が実際に、先週実践した結果がこちらです。

複勝だけ的中した場合

複勝+単勝が的中した場合

配当金額だけ見ると、少額に思えるかもしれませんが、回収率で考えれば、十分満足のいく数字です。

トリガミのリスクがまったくないばかりか、的中率も高く少額から始められる馬券の買い方なので、3連単や3連複で悔しい思いをされているのであれば、ぜひ試していただきたい馬券の買い方です。

馬券の買い方のまとめ

単勝と複勝は、馬券の買い方の基本形です。

単勝や複勝で狙って的中することができなければ、その他の馬券も狙って的中することはできません。

あなたは、馬券の基本をマスターしていると言い切れますか?

少額の資金で3連単や3連複の馬券を買い続けることができるのは、競馬予想の達人か、浪漫を追い続けJRAに預金し続けることを望んでいる変わり者かのどちらかでしょう。

複勝1点狩りガイド

関連コンテンツ

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加