なぜ、実績のある無料馬券術では、儲けることができないのか?

インターネット上には、いろいろな馬券術が無料で公開されています。



しかし、ほとんどの無料の馬券術は、

馬券を的中することができないばかりか、儲けることも難しいのが現実です。



これは、私がいつも言っていることなのですが、

「無料は、しょせん無料」です。



無料で公開してもいいと思う情報だからこそ、

無料で公開しているわけなんです。



でも、無料で公開されている馬券術や情報が

まったく役にたたないというわけではありません。







しかし、実際には結果が伴わない、いったいなぜだと思いますか?



私が考える理由は大きくふたつあります。











まず、ひとつめは、「馬券術の旬が過ぎてしまっている」可能性が高いということです。



多くの馬券術は、過去のデータを分析し、その傾向を体系化することによって作られています。



つまり、過去に起こったことが、今後も継続することを前提に考えられているわけです。



この傾向が、競馬の原理原則に基づいたものであれば、大きな問題はないでしょう。



しかし、一過性のものに基いて、馬券術が組み立てられているのであれば、

その時は、非常に有効な馬券術だったとしても、期間がズレたり、長くなったりすれば

途端に使えない馬券術になってしまうわけです。



もっとも分かりやすい例が、◯◯厩舎と××ジョッキーの組み合わせは・・・、

というようなもの。



厩舎とジョッキーの関係というのは、いわば人間関係、

ある日突然、信頼関係が崩れたり、

馬主の意向によって有力馬に騎乗できなくなったりする可能性は常にありうるわけです。



また、エージェントとの関係も影響するかもしれません。



このため、厩舎とジョッキーの組み合わせによる傾向や馬券術は、

ある日突然役にたたなくなったり、まったく異なる傾向になったりするわけです。









ふたつめとしては、「無料だから・・・」という理由です。



突然ですが、質問です。



もし、あなたが無料の馬券術と10万円の馬券、両方を手に入れたとしたら、

どちらの馬券術の方が儲かる可能性が高い馬券術だと思いますか?



ほとんどの方は、10万円の馬券術と考えるのではないでしょうか。



これは、情報を手に入れる側の心理とも言い換えることができるのですが、

もし、まったく同じ情報だったとしても、

人は値段が高ければ高いほど、価値がある、有益であると判断します。



つまり、実際の有効性、実現性がともかくとして、

値段が高ければ高いほどいいと勝手に判断してしまうわけです。



無料で手に入れた情報には、お金をリスクも痛みもありません。



これに対し、10万円で購入した馬券術は、

10万円で購入したという自分の判断の責任や痛みが常にともなうわけです。



無料の馬券術と10万円の馬券術、

いざ、実践するとなれば、当然真剣度が違ってきます。



10万円で購入した馬券術を実践するとなれば、

必要であれば、情報を仕入れたり、勉強したりもするでしょう。



つまり、使う人の、気持ちや取り組み方が無料とはまったく異なるわけです。



無料で手に入れた情報は、使えなければそれで終わり。



しかし、お金を払って手に入れた情報は、

何とか支払った金額分くらいは回収したいと必死にいろいろなことを考え、

行動するわけです。



だから、やっぱり望む結果を手に入れるためには、

自分なりに可能な範囲で、リスクや痛みをとるべきだと私は思います。







『プレッシャーに打ち勝つ』

馬券を的中させるためにテクニックはもちろん重要ですが、

メンタルはもっと重要ですよ

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336280