役にたたないパドック解説を見極める方法

競馬中継のパドック中継を見ていると、「そんなこと、誰でも言えるよ!」ツッコミたくなります。

「毛ヅヤがいいですね〜」、「気合乗りが素晴らしいですね〜」、「踏み込みがしっかりしていますね〜」、これは、いったい何と比較しているのでしょう?

比較対象は、前走時でしょうか?それとも他の出走馬でしょうか?

そもそも、毛ヅヤや良ければ、レースで勝つのでしょうか?

気合乗りが良ければ、馬券対象になるのでしょうか?

踏み込みがしっかりしているということは、レースでどのような結果になるのでしょうか?

スポンサーリンク
336280

なぜ人気上位馬ばかりパドックで推奨するのか

馬の状態が良ければ、毛ヅヤも良くなるでしょうし、気合乗りもいいでしょう。

踏み込みも自然と深くなるかもしれません。

ただ、それは馬の状態の良し悪しの話であって、レースの結果とは直接的な関係はありません。

面白いことに、そんなことを知ってか知らずか、競馬新聞記者が推奨する馬というのはほとんど上位人気馬ばかりです。

上位人気馬はもともと、能力が高く実績のある馬が多いので、わざわざパドックで推奨しなくても、「買い」の理由は簡単に見つけることができます。

このため、パドックでわざわざ推奨しなくても買いの理由があるのは当然であり、少し意地悪な言い方をすれば、人気馬をそれらしく評価しているような口ぶりで推奨することなど、競馬を全く知らない素人でも演技力さえあれば簡単にできるわけです。

当たり前のパドック解説には意味が無い

しかし、そんなことに気づかない競馬ファンは、「やっぱり、この人気馬は状態がいいんだ、馬券対象になる可能性が高いんだ」と勝手に思い込んでしまいます。

もしかしたら、ただ人気馬をピックアップしただけのパドック解説にもかかわらず、上位人気馬が勝つ可能性が高いと勝手に思い込んでしまいます。

そもそも、毛ヅヤ、気合乗り、踏み込みの深さなどは、見る人の主観です。

ということは、ある人は気合乗りが素晴らしいと思ったとしても、別の人がその馬を見た場合、イレ込んでいるように見えるかもしれないということです。

もしかしたら、本当に上位人気馬の状態がよく見えるのかもしれません。

上位人気馬しか、推奨できる馬がいなかったのかもしれません。

でも、そんなパドック解説には、ほとんど意味はありません。

なぜならば、そんなことを言われなくても、能力が高く実績があれば馬券対象になる可能性は高いからです。

役にたたないパドック解説を見極める方法

パドック解説をする競馬新聞記者は、パドックについてのプロである必要があります。

プロである以上、一般の人と異なる視点や感覚が求められるのは当然です。

にもかかわらず、能力の高く実績もある上位人気馬を、当然のように推奨するパドック解説というのは、パドック解説者という役を演じる競馬ファンのやることとあまり大差がありません。

競馬ファンと同じ視点のパドック解説には、価値はありません。

なぜならば、あえてプロに言われなくても、競馬ファンの思考の集合体であるオッズを見れば分かるからです。

競馬ファンと異なる視点があるからこそ、プロなんです。

異なる視点で結果を残せるからこそ、評価が高いんです。

競馬新聞記者という看板を背負った競馬ファンもどきのパドック解説なら、その看板を下ろしてから解説すべきだと、私は思います。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加