競馬の税金に対する考え方

競馬の配当に高額な課税をされることが話題になっています。

あなたは、もし、競馬の高額配当を手にした後に、高額な税金の支払いを国税局から求められたとしたなら、今までどおり、競馬を続けますか?

ここで、考えなければいけないのは、いったい何のために、競馬予想をしているのかということです。

お金を稼ぐためなのか、生活していくためなのか、ということです。
スポンサーリンク
336280

楽しみたいのか、稼ぎたいのか

私が競馬を初めたきっかけは友人に誘われ競馬場を訪れたことです。

その時は残念ながら馬券で儲けることはできませんでしたが、何レースか馬券を的中することができ予想が的中させることの喜びを感じ、次第に競馬にのめり込んでいきました。

競馬予想を初めた頃は、「楽>儲」という考え方だったのですが、予想がハズれお金を失う回数が増えるとともに、次第に「楽<儲」という思考が強くなってきました。

それからいろいろあって、現在では再び「楽>儲」という考え方に戻っているわけですが、これは考え方なのでどちらか一方が正しくて、もう一方が間違っているということではありません。

その人にとって、重要だと思えることを優先にすればいいだけの話であって、人によって価値観が異なることは当然でしょう。

しかし、考え方は人それぞれだとしても、ルールは共通です。

つまり、どんな考え方であろうとも、突然、高額な税金の支払いを求められることは、馬券を購入しているのであれば可能性のひとつとして想定しなければならないのです。

競馬の税金への対処法

税金を払うことを前提として考えた場合、どのような対処方法が考えられるでしょう。

まず、頭に浮かぶのは、税金を払わない方法を考えるということです。

税金を払わない方法があるのかないのか、実現可能なのか不可能なのかに関してはネット上にいろいろな情報があるので、そちらを参考にしていただくとして、ここで重要なのは、税金を払わない行為というのはルール上NGだという事実です。

税金を払う払わないは、個人の自由です。

そして、その個人の自由を貫くことによって、得られる利益や被る損害は、個人の責任です。

つまり、競馬予想をする上で支払うべき税金は、そのメリットとデメリット両方を考慮すべきだということです。

これは、私の個人的な考え方ですが、儲けるということだけを考えるのであれば馬券というのは条件が厳しい方法です。

この動画でも紹介していますが、税金面だけでなく控除率を考慮しても他に条件のよい稼ぎ方はたくさんあります。

もし、本気で馬券で食っていこうと考えているのであれば、回収率が120パーセントを上回ればいいとか、月に5本10万馬券を当てればいいとか、そんな浅はかな考え方などぜずに、どうやったら利益ができるのか課税というルールに対してどのように対処すべきなのかについて戦略的に事前に考えてから行動すべきです。

競馬予想で手にしたお金、働いて手にしたお金、収入であればどちらも課税対象です。

ギャンブルだから、競馬の配当だから特別扱いというのは、残念ながら現在のルールでは認められないことは、覚えておくべきです。



もうひとつの対処法として考えられるのは、税金を払うことを前提とした馬券の買い方をするということです。

つまり、課税されても問題のない、または課税されない範囲内で馬券を購入するということです。

この方法では、馬券の配当だけで生活していくことは困難でしょう。

馬券に対する、夢を奪ってしまうことになるのかもしれません。

しかし、いくら夢を描いたところで、税金を払わなければならないことはルールです。

きちっとルールを認識した上で、夢を描かなければ、それはただのワガママです。

すべては自己責任

税金を払うことを前提とした馬券の買い方をすれば、突然、高額な税金の支払いを求められたとしても、それは可能性のひとつです。

可能性のひとつであるということは、事前に対処したり、検討したりすることが可能だということです。

事前に対処したり、検討したりすることが可能だということは、困ったり、逃げたり、隠したり、ウソをついたりする必要が少なくなるということです。

楽しむはずの競馬予想で困ったり、逃げたり、隠したり、ウソをついたりする必要が少なくなるということです。

あなたが、お金を稼ぐため、生活していくために馬券を買っているのであれば、稼ぐための競馬予想に徹するべきでしょう。

また、税金に関する知識や対処法も、普通の競馬ファンでは考えられないほどの知識が必要になるでしょう。

それができなければ、さっさと馬券で稼ぐなんて夢はさっさとあきらめるべきです。

なぜならば、現在のルール上、馬券の稼ぎで生活するというのは、非常に厳しいからです。



たまたま、厳しいルールから逃れられたとしても、ある日突然、そのルールが適用される可能性があります。

もし、競馬を初めた理由が「楽>儲」ならば、まずは、競馬予想を楽しむことを優先させるべきです。

競馬予想を楽しむことを優先させた上で、馬券で儲けることを楽しむべきです。

困ったり、逃げたり、隠したり、ウソをついたりしないで、競馬予想を楽しむためには、納税は必要です。

くれぐれも目先の利益だけにとらわれて、競馬予想を楽しむことを忘れないでください。

あなたの行動によって、得られる利益や被る損害は、すべてあなたの責任です。


関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加