東京競馬場から中山競馬場へのコース替りを攻略する方法

関東厩舎に所属する出走馬において、東京競馬場から中山競馬場へのコース替りというのは珍しいことではありません。

特に、遠征の少ない条件戦に出走している馬であればなおさらです。

しかし、東京競馬場と中山競馬場ではコース形態が大きく違い、求められる適性も異なります。

今回はそんなコース替りによる攻略法を紹介したいと思います。
スポンサーリンク
336280

コース替りはコース替りだけじゃない

東京競馬場から中山競馬場へのコース替りの場合、最大の特徴として距離変更を余儀なくされることがあげられます。

たとえば、中山ダート1200メートルへの出走を考えてみると、東京競馬場には同距離のダート1200メートルというコース設定が存在ぜず、前走が東京ダート1300メートルまたは1400メートルからの出走馬が必然的に多くなります。

中山ダート1200メートルはコース形態からも逃げ、先行馬が圧倒的に有利。

つまり、前走東京ダート1300メートルまたは1400メートルで好走していたとしても、スプリント適性が高く、距離短縮により激しくなる流れに適応することができなければ前走と同じように好走することは難しくなります。

また中山芝1200メートルにおいても、東京競馬場においては芝1200メートルというコース設定が存在ぜず、東京芝1400メートルからの出走が必然的に多くなります。

東京芝1400メートルは、ペースが上がりにくく短距離戦にしては上がりの勝負になりやすいコース形態。

つまり、後傾ラップになりやすい中山芝1200メートルと、前傾ラップになりやすい東京芝1400メートルでは求められる能力がまったく異なるということです。

前走成績よりも中山競馬場への適性

ここから見えてくることは、東京競馬場から中山競馬場へのコース替りにおいては、「中山巧者」という言葉があるように、前走の成績より中山競馬場への適性を評価すべきだということです。

もちろん、出走馬の調子や体調といった面では、前走成績は参考になると思います。

しかし、同じような距離でも求められる適性がまったく異なるのであれば、前走の成績をそのまま中山競馬場での予想に当てはめてしまうのは危険です。

たった1ハロンの距離短縮ではなく、その裏にはもっと大きな変化があることを考えるべきです。

この考え方を逆から見れば、前走東京競馬場で凡走した馬だとしても、狙いの目星をつけることができます。

つまり、凡走を当然の凡走と判断することができれば、その凡走は評価を落とす理由にはならないということです。

中山競馬場は特異なコース形態のため東京競馬場に比べ、よりコース適性が問われます。

別の言い方をすれば、競走馬の能力以外で着順が決まる要素が多いとも言えるのですが、その有利不利を利用するか無駄にするかは馬券を買う人次第です。

コース替りというと、時計の出方とか内枠有利とかがクローズアップされがちですが、こうしたコース形態による攻略法があることも覚えておいてください。


関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加