狙える昇級馬の見分け方

昇級初戦の馬というのは、力関係の比較が難しいため、休み明けの馬と同様に取捨選択が難しいといわれています。

傾向としては、連勝しているとか良血であるとか話題性のある場合を除き、人気上位に押されることは少なく、ほとんどが押さえとか大穴評価止まりです。

このため、もし昇級初戦での通用する馬を見分けることができれば、配当妙味がある馬券の買い方ができる可能性が高くなります。

狙える昇級馬の見分け方、細かく分析すればいろいろあるのですが、今回は比較的分かりやすいポイントをご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
336280

走破時計による狙い目

数値による狙える昇級馬の見分け方で代表的なのは、「走破時計」です。

クラスが上がれば、必然的に走破時計は速くなります。

展開や馬場状態により遅い時計でしか走れない馬でも好走する可能性はありますが、ある一定の基準を満たしていなければ昇級初戦で馬券対象になることはきびしいでしょう。

また、レースでどれだけ強い勝ち方をしたとしても時計的な裏付けがなければ、それは相手関係に恵まれただけで、たまたま強い勝ち方に見える可能性もあります。

走破時計の目安となる基準タイムは、ホームページ上で公開されているサイトがあるのでそちらを参考にしていただくとして、この基準タイムと勝ち時計とを比較し勝ち時計が基準タイムを上回っていれば、昇級初戦でも狙えると判断するというわけです。

ただし、この方法は当日の馬場状態が考慮されないため、速い時計が出る馬場状態では誤った判断をしてしまう可能性があります。

この誤った判断は、当日の馬場差を考慮して勝ち時計を算出し直すか、勝ち時計を同じ日に行われた上のクラスの走破タイムとも比較することによって、ある程度防ぐことができます。

走破時計は、馬場差以外にもペースなどによっても異なる場合があるので、細かく分析すればキリがありません。

すべて自分で分析するのもひとつの方法ですが、分析には時間がかかるので、分析結果が掲載されているサイトを確認するのが効率的です。

ちなみに、馬場差も基準タイム同様、ホームページ上で公開されているサイトがあるので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

厩舎の思惑による狙い目

また、厩舎の思惑からも狙える昇級馬を読み解くことができます。

勝ち鞍を上げた馬というのは、レースで消耗した馬体を休養させたり、馬房数制限の影響により、間隔をあけ調整することが一般的です。

しかし、中にはあえて間隔を詰めてレースに出走してくる馬もいます。

あえて間隔を詰めてレースに出走してくるということは、何からの意図があるはずです。

その意図として考えられるのが、よほど調子がいいから使ってくるという理由です。

間隔を詰めてレースに出走するというのは、競走馬にとってケガや故障のリスクが高くなるということです。

勝ち鞍をあげた直後に、そのリスクを犯してまでも出走してくるということは、そのリスク以上のメリットがあると考えるのが普通です。

そのメリットとは好走する可能性です、つまり、厩舎としては勝負気配濃厚だということです。

また、調子がいいという理由にはコース相性も含まれます。

これは、ローカル開催に多く見られる傾向ですが、この開催を逃すとこの先しばらくはこの競馬場で走ることができないというケースにおいて、コース適正による恩恵が大きいと判断すれば、あえて出走してくることもあるということです。


関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

まだ、競馬新聞に無駄なお金を使っていますか?

KLAN(クラン)

KLAN(クラン)

馬柱やレース結果、レース傾向データ、コースデータ、競走馬データといった、基本的な競馬データを無料で利用可能。

また、プレミアムプランユーザーになれば、より予想に直結するKLAN式スピード指数、軸馬ピックアップ、穴馬ピックアップ、KLANレポート、タテ型馬柱ページ詳細5走なども利用できます。

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加