なぜ、競馬中継がつまらないのかを、真剣に考えてみた。

あなたは、民放の競馬中継に物足りなさを感じたことはありませんか?

先日、グリーンチャンネルの無料放送があったので、久しぶりに見比べてみたのですが、物足りないばかりではなく、意外とつまらないことにも残念ながら気づいてしまいました。

念の為に言っておきますが、民放の競馬中継が悪いというわけではありません。

ただ、私が民放の競馬中継に物足りなさを感じているだけなのです。

もし、本当に競馬中継に何か原因があれば視聴率が下がり、番組が改編されると思うのですが、そんな気配すらないことから、もしかしたら私の感覚が異常なのかもしれません。

とはいえ、いろいろと考えているうちに、ある仮説が浮かんできたので、今回はこの仮説をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336280

競馬中継は、誰のため

私の頭に浮かんできた仮説とは、民放の競馬中継は、私のような毎週馬券を買うことが当たり前の競馬ファンなど、そもそも相手にしていないのではないかという考え方です。

これまで私は、競馬中継は毎週馬券を買っている競馬ファンのために放送されていると思い込んでいました。

だからこそ、競馬ファンであれば知っていて当たり前のことや、競馬予想に直接関係のない話題を、わざわざ取り上げる競馬中継に疑問を感じていました。

しかし、もし、競馬中継が競馬ファンではなく、いままでほとんど馬券を買ったことのない人を対象に放送しているとしたらと考えてみた時、パズルのピースがカチッとはまるように、すっきりとした感覚に襲われました。

少し表現がキツいかもしれませんが、私のように毎週馬券を買っている競馬ファンは、ある意味ギャンブル依存症と考えることができます。

ギャンブル依存症ということは、何か大きな障害や強い意思でも無い限り、馬券を買い続ける可能性が高いということです。

これを、競馬中継に置き換えてみれば、毎週馬券を買っている競馬ファンは、多少番組内容に不満があったとしても、馬券を買い続ける可能性が高いと考えることができます。

つまり、多少乱暴に扱っても、馬券を買い続けてくれるありがたいお客様なのです。

しかし、毎週馬券を買っている競馬ファンは、使う金額がある程度決まっています。

つまり、コアな競馬ファンだけを対象にしていては、馬券の売り上げに限界があるということです。

そこで、馬券の売り上げを増やすために考えなければならないのは、新たな競馬ファンの獲得です。

いままで、競馬にあまり興味の無い人達を少しでも競馬に興味を持たせることができれば、馬券の売り上げが増え、もしかしたら、毎週馬券を買ってくれるようになるかもしれません。

競馬中継のターゲットとは?

では、競馬にあまり興味の無い人とは、いったいどういう人達なのでしょう。

競馬場に足を運んだ方であれば、お分かりだと思いますが、競馬場で馬券を買っている大半は男性です。

つまり、新たな競馬ファンになる未知の魅力を秘めているのは、女性なのです。

競馬のことをあまり知らない女性をターゲットに競馬中継を放送するのであれば、分かりやすいのが一番です。

小難しい展開やラップタイムについて解説するよりも、バラエティ番組のように単純に面白おかしく競馬を紹介した方が、女性にとってウケがいいはずです。

だから、競馬中継はバラエティ番組のようになるのです。

だから、話題性の乏しいローカル競馬場のメインレースは、実況ではなく結果だけ紹介されるわけです。

タレントが競馬予想する目的とは?

このように考えれば、競馬のことをあまり詳しく知らないと思われるタレントの予想が、クローズアップされる理由も納得することができます。

タレントの予想は、毎週馬券を買うような競馬ファンに向けたものではありません。

馬券を買ってみようか迷っているような競馬初心者や競馬未経験者に向けたメッセージなのです。

「私のような初心者でも馬券を当てることが出来るんですよ」、「こんな単純な予想でも馬券が当たって、楽しい時間を過ごすことが出来るんですよ」、回収率ではなく的中率ばかりをクローズアップする競馬予想には、きっとこんなメッセージが込められているはずです。

こんな策略があると知りつつ、毎週馬券を買ってしまうとは、本意ではないのですが、馬券を買わないという選択肢を選ぶことは、意思の弱い私にとっては至難の業です。

やっぱり、コアな競馬ファンは、グリーンチャンネルを契約しなさいということなのでしょうか。

なお、今回ご紹介した仮説は、私の妄想であり事実ではありませんので、あしからず・・・。

関連コンテンツ

馬券購入は、入金手数料無料で!

スポンサーリンク
336280
336280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加